<   2011年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

五百羅漢(出会い)

f0221382_822928.jpg





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−ー

五百羅漢は、熊本市西部に位置する金峰山(きんぽうざん)の
西側の麓にある雲巌禅寺(うんがんぜんじ)内にある石仏群。
岩山を削って作られた細道に面した岩の斜面に安置されています。
雲巌禅寺は、宮本武蔵(みやもとむさし)が「五輪の書」を書い
た霊巌洞(れいがんどう)という洞窟を境内に持つ曹洞宗(そう
とうしゅう)の寺院。この五百羅漢は、熊本の商人渕田屋儀平
(ふちだやぎへい)が、約200年前24年の歳月をかけて奉納した
と言われています。座る姿も表情もすべて違うたくさんの石仏は、
見ていて時間を忘れるほど興味深く、岩山にずらりと並んだ様は、
神秘的な空気に満ちています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

泣いたり、笑ったり、怒ったり・・・

いろんな表情の羅漢様が居られます。

ひとつひとつを注意して見ると、

身内の人や自分が今まで出会った人にそっくりな

羅漢様が見つかるそうです・・・見つかりましたか!







 (しばらく、ブログお休みします。)

コメント欄もしばらく閉じさせて頂きます。ごめんなさい。




    いろはにむげん 無限クニ丸













[PR]
by mugen36 | 2011-06-26 08:27 | Comments(0)

     五百羅漢(慈愛)

f0221382_4272979.jpg





     五百羅漢には羅漢様を上から見守る


     観音菩薩様がおられます。


     とても穏やかな優しい表情をしています。











[PR]
by mugen36 | 2011-06-25 04:34 | Comments(2)

五百羅漢(優しさ)

f0221382_11271777.jpg





【日本昔話・笠地蔵】

ある雪深い地方に、ひどく貧しい老夫婦が住んでいた。年の瀬がせまっても、
新年を迎えるためのモチすら買うことのできない状況だった。 そこでおじい
さんは、自家製の笠を売りに町へ出かけるが、笠はひとつも売れなかった。
吹雪いてくる気配がしてきたため、おじいさんは笠を売ることをあきらめ帰
路につく。吹雪の中、おじいさんは7体の地蔵を見かけると、売れ残りの笠を
地蔵に差し上げることにした。しかし、手持ちの笠は自らが使用しているもの
を含めても1つ足りない。そこでおじいさんは、最後の地蔵には手持ちの手ぬ
ぐいを被せ、何も持たずに帰宅した。おじいさんからわけを聞いたおばあさんは、
「それはよいことをした」と言い、モチが手に入らなかったことを責めなかった。
その夜、老夫婦が寝ていると、家の外で何か重たい物が落ちたような音がする、
そこで外の様子を伺うと、モチをはじめとする様々な食料、財宝がつまれていた。
老夫婦は手ぬぐいをかぶった地蔵を先頭に7体の地蔵が去っていく様を目撃する。
この贈り物のおかげで老夫婦は無事に年を越したという。




この話は皆さん、ご存知ですよね!
写真で観て頂いて分かるように、ここ五百羅漢の羅漢さんにも
手ぬぐいを被った羅漢様や帽子を被った羅漢様、首にタオルを
巻いてもらった羅漢様が居られます。
ここを訪れた方達が純粋に自分の持っていたタオルや被ってい
た帽子を、羅漢様も暑かろう、寒かろうと感じて行った事だと
思います。
僕は、昨年もまったく同じ光景を目にしました。
今回、ここを訪れて感じたのは、ここの管理者(雲巌禅寺・住職)
が羅漢様に被せてある雨風で汚れてしまっている帽子や手ぬぐいを
外そうとせず、この善意の行動をそのままにしてあることです。
それはユーモラスに見えるからと言う事ではなく、手ぬぐいや
帽子を巻いた心優しいひと達が、またここを訪ねて来た時に、
「羅漢様が喜んでおられます。」とお伝えする為だと思いました。
私たちが目にする形あるものは、時間と共に形を変えたり、
風化してしまうかもしれませんが、自分の持っている優しい心
は、いつまでも色褪せず、その風景を観ることにより甦ってく
ることを知っておられるのでしょうね。



今日は少し真面目な、クニ丸君なのでした・・・(笑)



最後に、一番上の羅漢様の表情って・・・

雨がやんだ途端に、急に蒸し暑くなったなぁ〜・・・

「ふぅ〜〜〜・・・」って言ってるみたいでしょう!(爆)







[PR]
by mugen36 | 2011-06-24 11:33 | Comments(0)

 五百羅漢(微笑み)

f0221382_0513139.jpg





     天を見上げ苦悩の表情の羅漢様。

     初夏の風に乗ってトンボがいっぴき、
  
     羅漢様の頭の上でひと休み。


     苦悩の表情の羅漢様が・・・笑った。


     カメラを抱いてここを訪れたのが丁度一年前。

     羅漢様は変わらぬ笑顔で僕をまた迎えてくれました。















       
[PR]
by mugen36 | 2011-06-23 19:55 | Comments(6)

葡 萄

f0221382_8232498.jpg





なんば、そぎゃん泣きよっとかい、

なんば、そぎゃん悲しかとかい、

上ば見てみなっせ・・・

みんな心配しよるじゃなかね!



ねっ!・・・ひとりじゃなかとばい!










[PR]
by mugen36 | 2011-06-23 08:25 | Comments(0)

青 空

f0221382_1227862.jpg






今まで、暗い雨雲が空を覆っていたのに、

突然、雨雲が去り、僕の目の前に広がった青空。


まだグショグショに濡れた芝生の上を駆け足で走り、

青空を背にした熊本城を撮影しました。

すると幸福行きの黄色いバスが目の前に・・・


慌てて僕は、カメラのシャッターを押しました。


雨上がりの空って、雨に濡れた分だけ、流した涙の分だけ美しく感じます。

(少しキザでした・・・ごめんなさい・汗)











[PR]
by mugen36 | 2011-06-22 12:29 | Comments(2)

雨あがり

f0221382_17135512.jpg







車で移動中、今まで降っていた雨がピタリと止み

雨雲が大きく裂け、太陽が顔を見せ光が差しました。

慌てて車を止め、葡萄の葉っぱを伝う雫を撮影しました。

約一時間後、また雨雲が空を覆い雨が降り出しました。

雨上がりの午後。

ほんの少しだけ、幸せな気分になれました。
















f0221382_9302533.jpg



           DBで出会えた事に感謝します。本当にありがとう!
[PR]
by mugen36 | 2011-06-21 17:16 | Comments(15)

明日天気に・・・

f0221382_17372619.jpg






梅雨だから仕方ないけど・・・

このところ雨ばかりで嫌になってしまう・・・

気持ちのいい朝焼け空が観てみたい。









[PR]
by mugen36 | 2011-06-19 17:41 | Comments(6)

父へ

f0221382_1052812.jpg





生前、父に親孝行らしいことなど何もできなかった僕です。

写真撮影と釣が趣味だった父でした。

家に居る時は、本当に無口な父でした。

今日は父の日。

いっぽんのロウソクを少しの間だけ灯しました。



とうさん、いつも見守ってくれて、ありがとう。











[PR]
by mugen36 | 2011-06-19 10:54 | Comments(0)

ありがとうの風景

f0221382_13565886.jpg





【 お 知 ら せ 】


この一年間に撮影した写真の中で個人的に

想い出深い写真に、それらしいタイトルをつけて

ランダムに並べたDBアルバムができました。

「ありがとうの風景/Thank you ...all...」

このデジブックを最後にDBを一度退会します。

DBで出会えた皆様に感謝を込めて創りました。

前2作品にGOODそして心温まるコメントを沢山

頂きました事、この場を借りて御礼申し上げます。

本当に数えきれない想い出を有り難う御座いました。




2011・6/11 無限クニ丸




追 伸 /

しばらくは、このブログでアップする写真で勉強して、

自分らしい写真が撮影できるようになった時、

再度、DB会員となり作品創りに挑戦したいと

考えておりますので何卒これからも

御指導御鞭撻の程宜しくお願いします。<(_ _)>








Published by デジブック




6月20日を持ちまして
私のアルバムを閉じさせて頂きます。

最後のアルバムを発表して一週間経ちました。
沢山の方々に閲覧して頂きました事、
そして多くの方々から温かいコメントや
「good」を頂きました事をこの場を借りて
こころから感謝と御礼を申し上げます。

ありがとうございました。

(2011 6/18  いろはにむげん 無限クニ丸)

 
[PR]
by mugen36 | 2011-06-11 14:02 | Comments(18)


  Have A Nice Day  mugen kunimaru


by mugen36

プロフィールを見る

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月