<   2013年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

生きとし生けるもの達へ (その32)

f0221382_2229969.jpg






生命(いのち)の誕生と終わりには


潮の満ち引きに深い関係があるそうです。


もしかするとそれは


人間の心のリズムとも関係があるかもしれません


嬉しかったり、哀しかったり


泣いたり、笑ったり、怒ったり


人を好きになったり、憎んだり


でも・・・


本当は・・・


潮の満ち引きや宇宙の法則なんかではなく・・・


時代背景や境遇や周りの人間関係ではなく・・・




全て・・・自分なんだよね・・・













[PR]
by mugen36 | 2013-01-26 22:31 | Comments(0)

生きとし生けるもの達へ (その31)

f0221382_2033779.jpg






生きているといろんなことがあるみたい

八方塞がりで途方にくれて

手探りで暗い夜道を歩く時もあるみたい

でも、でも諦めないで歩いていたら

突然、目の前にこんな光景が現れる時がきっと来る

いのちがホッと温かくなる瞬間なんだなぁ〜

だから・・・諦めちゃダメなんだなぁ〜

だから・・・生きてることは素敵なんだなぁ〜



なんちゃって〜・・・無限クニ丸(^o^)/---★★★















[PR]
by mugen36 | 2013-01-23 20:06 | Comments(5)

生きとし生けるもの達へ (その30)

f0221382_1710511.jpg








一羽の海鳥が大きく翼を広げて

寒い冬の海の水面低く飛んで行きました

なんども強い風に押し返されそうになりながらも

遠くの島を目指して

自分の持っている力を振り絞って

大きく翼を広げて飛んで行きました




小さな命は・・・海を渡って行きました




2013年 1月20日  無限クニ丸














[PR]
by mugen36 | 2013-01-20 17:12 | Comments(2)

生きとし生けるもの達へ (その29)

f0221382_23272752.jpg






心に傷を負うひとへ

朝の日差しを届けましょう



不安な明日を待つ夜は

月の光で包み込み

言葉を閉ざした扉の前で

扉が開くの待ちましょう



名も無い草にも明日はある


・・・ファイトッ!・・・















[PR]
by mugen36 | 2013-01-18 23:29 | Comments(2)

生きとし生けるもの達へ (その28)

f0221382_2001071.jpg






生まれる時も、死ぬ時も

人はひとりなんだけど・・・

永い人生の道のりで

同じ道を歩んでくれる人がとなりにいると・・・



心が少し暖まる。


命が明日もがんばれる。





いろはにむげん  無限クニ丸









(追記)


妻/ あんた!また!どこ行くのッ!

   ちょっと目をはなすとすぐ居なくなって!

   カメラとわたし!

   どっちが好きなのよッ!



僕/ かあちゃん! ごめん!

   スタタタタタッ((((((((((; ̄ー ̄)ノノ



妻/ [`◇´]]]]]]]]]]]]]]]] マテェーー!!



























  
[PR]
by mugen36 | 2013-01-16 20:04 | Comments(0)

生きとし生けるもの達へ (その27)

f0221382_2358575.jpg






雪の降り積もったソウルの朝の公園

赤いコートを着た女性がひとり

ベンチに座っていました。




きっと素敵な彼氏と待ち合わせ?

今日は・・・デートなのかな?




いのちが一番輝く時・・・

それは、誰かを好きになった時

その人のことを思っただけで

切なくて恋しくて・・・

胸がキュンと熱くなり・・・

生きてることに幸せを感じます。




いつも何かに恋してる人って

いつも何かに時めいている人って

とても魅力的に感じます!♥




この赤いコートの女性も

熱い熱気で、彼女のまわりだけ

雪が溶け出していましたよ!♥




寒い冬こそ、ホットなハートで、

いつも何かに感動して、

ドキドキ時めいていたいですよね!♥













[PR]
by mugen36 | 2013-01-15 00:06 | Comments(0)

生きとし生けるもの達へ (その26)

f0221382_4223682.jpg







写真だけ見ていると火災現場の写真のようですが・・・(汗)


これは昨日、地区で行われた「どんど焼き」の写真です。





《どんど焼き》とは・・・

「一般的には、田んぼや空き地に、長い竹や木、藁(わら)茅(かや)

杉の葉などで作ったやぐらや小屋を組み、正月飾り、書き初めで飾り付

けをしたのちそれを燃やし、残り火で、柳の木や細い竹にさした団子、

あるいは餅を焼いて食べるという内容で1月15日前後に各地で行われ

ます。どんど焼きの火にあたったり、焼いた団子を食べれば、その1年

間健康でいられるなどの言い伝えもあり、無病息災・五穀豊穣を祈る民

間伝承行事です。」





僕も子供の頃から参加して慣れ親しんだ行事なのですが、

竹の先に吊るした餅を火の側で焼くのが大変な事で

火の側に行くと顔が熱くて熱くて、でも離れていたら

いつまで経っても餅は焼けないし、食べられないので

必死の思いで餅を焼いた記憶が今でも忘れられません。

でも、写真の子供達もいつか大きくなった時に

家族や兄弟や友人達と餅を必死で焼いた思い出は

故郷の温かい記憶の中で、自分が人生の道に迷った時に

「いのちの道しるべ」としてチカラを与えてくれるのでしょう。

何でも簡略化され合理的社会になって行く日本。

でも、こんな地元に残る風習はいつの時代になっても

子供達に伝えて行き、残してほしいものだと思います。














[PR]
by mugen36 | 2013-01-14 04:28 | Comments(4)

生きとし生けるもの達へ (その25)

f0221382_782620.jpg







皆さんは、海を眺めていると

なぜか気持ちが落ち着く・・・

押しては返す波の音を聴いていると

なぜか心が癒される・・・

そんなことはないですか?



最初の生命は約40億年前、

地球誕生から6億年たった頃の

海の中で誕生したと考えられているそうです。

生命の誕生から約40億年・・・

とてもとても永い年月・・・

今、その生命の母胎となった海に

朝陽がやさしい光で包み込んでいく風景を

今は逢えないあのひとの笑顔を想いながら・・・

今を生きている自分のいのちの証に・・・

潮騒の音を撮影してきました。






昨年に引き続き「いのち」をテーマに

自分が感じたことを綴らせて頂きます。



2013年 1月13日  無限クニ丸子










[PR]
by mugen36 | 2013-01-13 07:11 | Comments(6)

アニョハセヨー!

f0221382_6342849.jpg






大変おそくなりましたが・・・

新年明けましておめでとうございます。

正月旅行で韓国ソウルに行って来ました。

めちゃくちゃ寒かったですが・・・

パワフルな街から元気なパワーを頂いてまいりました!

今年も一年「いろはにむげん」何卒よろしくお願いします!












[PR]
by mugen36 | 2013-01-08 06:37 | Comments(10)


  Have A Nice Day  mugen kunimaru


by mugen36

プロフィールを見る

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月